登記書類の作成

登記申請の手続きについて

 法人を設立する際には、登記申請の手続きが必要です。

 具体的には、株式会社の場合、株式会社設立登記申請書を作成し、法務局に提出しなければなりません。

 では、この設立登記申請書には何を記載すれば良いのでしょうか。

(1)商号

 定款に記載されたものを記載します。

(2)本店

 申請書に記載する本店は、定款と異なり、本店の所在場所を取締役会の決議で定められた「○番地」 あるいは「○番○号」まで具体的に記載します。

(3)登記すべき事項

 OCR用紙を利用して登記する場合は、「別紙のとおり」 と記載し、申請書の一部として提出することになります。

 その内容を記載するには、必ず定款、議事録、印鑑証明書など添付書類の内容と一致するようにしなければなりません。

(4)課税標準金額

 登録免許税を算出する基になる金額で、資本金の額を記載します。

(5)登録免許税

 登録免許税は株式会社の設立の場合、課税標準額の1000分の7です。

 その金額が15万円に満たないときは、15万円となります。

(6)添付書類

 添付した書類及び通数を記載します。

(7)登記申請年月日

 登記申請書を提出する日を記載します。

(8)登記申請人の表示

 会社の商号、本店及び代表取締役の氏名・住所を記載します。

(9)登記所の表示

 登記申請をする管轄登記所の名称を記載します。

登記申請の訂正

 登記申請訂正がある場合は、捨印を押して、その横に「何字削除、何字加入」と記入して訂正します。

 ですが、できるかぎり訂正のないよう、正確な申請書を作成するようにしましょう。

お役立ち情報
(目次)

お役立ち情報トップ

所在地

〒468-0046
愛知県名古屋市天白区
古川町150番地
G-UP野並301号

0120-678-675

アクセス・地図

PageTop