資本金の額

 会社を設立するには、資本金が必要です。

 ですが、「そもそも資本金って何?いくら必要なの??」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 株式会社を設立する際に、会社が株式を発行します。

 それに対して、出資者から払い込まれたお金が「資本金」となります。

 会社の活動に必要だろうと用意する元手金と考えればよいでしょう。

 

 2006年5月に施行された新会社法により、株式会社は資本金1円から設立できるようになりました。

 起業家にとっては会社設立のチャンスとなりますが、資本金の額=会社の信用度と

見られることも否定できませんので、1円会社の場合には「銀行が融資をしてくれるか」「取引先から信頼が得られるか」等の問題があるでしょう。

 

 そのため資本金の額は運用資金や会社の規模を考慮して、適正な金額を設定することをオススメします。

 実際には50~300万程度が多いのではないでしょうか。

お役立ち情報
(目次)

お役立ち情報トップ

所在地

〒468-0046
愛知県名古屋市天白区
古川町150番地
G-UP野並301号

0120-678-675

アクセス・地図

PageTop