会社の印鑑作成

会社の印鑑の主な種類

 皆さんは、会社の印鑑には何種類かあることをご存知でしょうか?

 主として次の4種類があります。

 1.代表者印

 2.役職者印

 3.銀行印

 4.社印

 会社の設立の際には、法務局への代表者印の登録が必要です。

1.代表者印

 代表者印は、会社の印鑑の中で最も重要な印です。

 法務局に印鑑届出をしており、実印としての効力があります。

 契約書に代表者印を押印し、印鑑証明書を添付することで、代表者が契約を行ったという重要な証拠となります。

2.役職者印

 役職者印は、役職者名の刻まれた印鑑です。

 役職者がその肩書きを付して役職者印を押印し、契約を締結した場合、その効力は会社に及びます。

3.銀行印

 銀行印は、銀行と当座取引をするための印鑑です。

 一般的には代表者印と別の印鑑を銀行に届出ています。

4.社印

 請求書などでご覧になる機会が多いのは、四角の形をした「○○株式会社之印」などの社名が刻まれているものではないでしょうか?

 こちらは、社印と呼ばれます。

 会社の外部に対し発行する文書に社名に重ねて押印することが多く、会社の認印の一つになります。

お役立ち情報
(目次)

お役立ち情報トップ

所在地

〒468-0046
愛知県名古屋市天白区
古川町150番地
G-UP野並301号

0120-678-675

アクセス・地図

PageTop