決算月決定

会社の決算月

 会社の決算というと、3月というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?

 実際に3月決算の会社は多いですが、決算は3月にあわせる必要はありません。

 こちらのページでは、決算月を選ぶポイントをご紹介していきます。

(1)決算翌月に繁忙期が到来することは、あまりおすすめできません。

 一般的に、法人税の申告期限は決算2ヶ月後となります。

 これにあわせて決算を行いますので、何かと手間がかかります。

 そのため、本業が忙しい時期を決算月とすることは避けた方が無難です。

(2)キャッシュに余裕がある月を決算翌月にする。

 税金の支払いや税理士報酬等、決算後2ヶ月後に支出が大きくなります。

 そのため、資金繰りに余裕がある月を決算後に選定するとよいでしょう。

(3)売上推移が比較的落ち着く月を決算月とする。

 繁忙期では、通常の月にくらべ、利益額がいくらぐらいとなるかを予想しづらい場合があります。

 そのため、繁忙期の時期から離して設定することで、繁忙期に予想以上の利益が出たとしても、決算月を迎えるまでに節税対策をたてることもできます。

(4)あえて入金月の多い期を決算付にする。

 資金調達等で金融機関へ決算書を提出することを考えた場合、あえて入金の多い期を

決算月にすることで、現預金が多いことをアピールするという方法もあります。

 

 いずれにしても、短期長期を考えて、会社にとって一番都合のよい月を選ぶとよいでしょう。

お役立ち情報
(目次)

お役立ち情報トップ

所在地

〒468-0046
愛知県名古屋市天白区
古川町150番地
G-UP野並301号

0120-678-675

アクセス・地図

PageTop