電子定款認証について

 設立代行会社のホームページで「「電子定款認証」のため印紙代4万円不要です」といった表記をご覧になった方も多いかと思います。

 定款は公証人役場で認証を受ける必要があることは、「公証人役場における定款認証」で説明しましたが、こちらのページでは、この「電子定款認証」とは一体どういったものかということについてご説明します。

 「電子定款」というのは、紙ベースではなく、「電磁的記録」で作成された定款のことをいいます。

 そして、この「電子定款」に「電子署名」を付与した上で、暗号化して電子認証局に送信し、証明書を発行してもらい、公証人役場の認証を受けることを「電子定款認証」というのです。

 「電子定款」は印紙税法上の課税物件ではないため、通常、紙ベースで定款を提出した場合に必要である4万円の収入印紙が不要となります。

 また、「電子定款認証」そのものは誰でも行うことができます。

 ただ、この「電子定款認証」を行うには、現在のお客様のPC環境にもよりますが、初期設定費用に5~10万円ほどかかってしまうため、個人で行うことはオススメしません。

 代行会社に依頼せずに個人で会社を設立するなら、紙ベースでの定款認証が最も合理的でしょう。

お役立ち情報
(目次)

お役立ち情報トップ

所在地

〒468-0046
愛知県名古屋市天白区
古川町150番地
G-UP野並301号

0120-678-675

アクセス・地図

PageTop