登記書類の作成について

さて、今回のテーマは「登記書類の作成」です。

 

法人を設立する際には、登記申請の手続きが必要です。

 

具体的には、株式会社の場合、株式会社設立登記申請書を作成し、

法務局に提出しなければなりません。

では、この設立登記申請書には何を記載すれば良いのでしょうか?

 

(1)商号

定款に記載されたものを記載します。

 

(2)本店

申請書に記載する本店は、定款と異なり、

本店の所在場所を取締役会の 決議で定められた「○番地」

あるいは「○番○号」まで具体的に記載します。

 

(3)登記すべき事項

OCR用紙を利用して登記する場合は、「別紙のとおり」

と記載し、申請書の一部として提出することになります。

その内容を記載するには、必ず定款、議事録、印鑑証明書

など添付書類の内容と一致するようにしなければなりません。

 

(4)課税標準金額

登録免許税を算出する基になる金額で、資本金の額を記載します。

 

(5)登録免許税

登録免許税は株式会社の設立の場合、課税標準額の1000分の7で、

その金額が15万円に満たないときは、15万円となります。

 

(6)添付書類

添付した書類及び通数を記載します。

 

(7)登記申請年月日

登記申請書を提出する日を記載します。

 

(8)登記申請人の表示

会社の商号、本店及び代表取締役の氏名・住所を記載します。

 

(9)登記所の表示

登記申請をする管轄登記所の名称を記載します。

 

訂正のある場合は、捨印を押して、その横に「何字削除、何字加入」と

記入して訂正しますが、できるかぎり訂正がないよう、正確な申請書を

作成するようにしましょう。

 

では、ここまで書類の準備が調ったら、次は実際に法務局へ行ってみましょう。

お問い合わせ

このページのTOPへ

お問い合わせ

無料好評配信中 メルマガのご紹介

公式  ブログはこちら

事務所案内

会社設立名古屋支援センター

愛知県名古屋市天白区古川町
150番地G-UP野並301号
TEL:0120-678-675

対象地域

愛知県名古屋市を中心に
豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市 、半田市、春日井市 豊川市、津島市、碧南市、 刈谷市、豊田市、安城市 西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市 、小牧市 稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市 尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市 愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市 、あま市、岐阜県、三重県まで対応しております。
お気軽にご相談ください。

Copyright © 2012 会社設立名古屋支援センター All Rights Reserved.