公証人役場における定款認証に関する情報

定款ができあがったら公証人役場で認証してもらいます。

これは、会社法によって認証を受けないと定款の効力が発生しないためです。

 

ところで、公証人役場ってどんなところかご存じですか??

 

公証人役場というのは、遺言や離婚の際に相手との間の取り決めを

公正証書という公文書にしてもらったり、一般人や法人が作成した

文書(私文書)について、その正当性を証明してもらったりするところです。

 

定款認証というのは、この正当性の証明にあたります。

 

定款認証のために公証人役場に持って行くものは次の8つ。

 

1.定款3通

2.発起人全員の印鑑証明書

3.定款認証用委任状(他の人に委任する場合)

4.収入印紙4万円 → 当社に依頼頂ければ不要!!

5.定款認証手数料5万円

6.謄本交付手数料250円×定款のページ数分(1通分)

7.申請者の実印

8.身分証明書

 

定款に記載事項の不備があったり、誤字・脱字があると

何度も足を運ぶことになりかねませんので、気をつけましょう。

お問い合わせ

このページのTOPへ

お問い合わせ

無料好評配信中 メルマガのご紹介

公式  ブログはこちら

事務所案内

会社設立名古屋支援センター

愛知県名古屋市天白区古川町
150番地G-UP野並301号
TEL:0120-678-675

対象地域

愛知県名古屋市を中心に
豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市 、半田市、春日井市 豊川市、津島市、碧南市、 刈谷市、豊田市、安城市 西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市 、小牧市 稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市 尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市 愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市 、あま市、岐阜県、三重県まで対応しております。
お気軽にご相談ください。

Copyright © 2012 会社設立名古屋支援センター All Rights Reserved.